【ワンピース・感想】969話「バカ殿」バリバリの実の前任者が登場!!おでんがオロチに従い毎日裸踊りする理由とは!?

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また...

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイトの記事は転載禁止です(動画含む)

今回は、ワノ国編 969話「バカ殿」について、感想を書いていきます。

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイ...
スポンサーリンク

969話「バカ殿」バリバリの実の前任者が登場!!おでんがオロチに従い毎日裸踊りする理由とは!?

バリバリの実の前任者

オロチに斬りかかるおでんでしたが、オロチの回想で祈祷師のおばあさんと共にいた「琵琶法師」に防がれてしまう。

なんとこの琵琶法師は『バリバリの実』の能力者。バルトロメオの前のバリア人間だった。バルトロメオと同じポーズでバリアを作りオロチを守る琵琶法師。

将軍の座

バリアのせいで攻撃ができず「オロチは代理将軍だろう。俺が帰ってきた以上、ワノ国将軍の座を渡せ!!」と言葉で説き伏せようとするおでん。

しかし黒炭ひぐらしがそれを拒否。マネマネの実でスキヤキに化けた自分がオロチが正式に将軍になると各郷の大名を信じ込ませているため、今更おでんにするのは不可能だと伝えられる。

町民たちの期待

おでんの帰還により、カイドウやオロチを追い出してくれると期待している町民たちが城の周りに集まってきていた。そんな町民たちにどこからか毒矢が放たれ2名が失明してしまう。突然の出来事に町民たちは怯え、屋内に逃げてしまった。

バカ殿

その後、なぜか町中で裸踊りをしているおでん。黒炭おでんやひぐらし、オロチの部下たちはそれを見て涙を流すほど笑っている。

この様子を目にした町民たちは驚愕。さらにオロチやカイドウの部下に笑われながら僅かな賃金を得るおでんの姿に失望しだしていた。

家臣である〝赤鞘九人男〟たちは「あなたは何の考えもなしにあんなことはしない!何か隠しているはずだ!」とおでんを問いただすも「仕事をしてるだけだ」と返ってくるのみ。

裸踊りの見返り

おでんは、5年間毎日ヘラヘラ笑いながら裸踊りをすれば、家臣の家族や工場で働いているワノ国の民衆を解放してやると黒炭ひぐらしに言われていたのだった。

さらにこれを達成することで将軍の座もおでんに戻すと約束されていた。その代わりこの約束を破れば、国民を一人一人毒矢で失明に追いやり殺すとも脅されている。

ロジャーの死

おでん帰還から一年が過ぎた頃、おでんはオロチからある新聞を受け取る。そこには、ロジャーが処刑されたことが書かれていた。おでんはその記事を見て泣きながらも笑っていた…。

ゲッコー海賊団の強襲

さらに一年後が過ぎた頃『鈴後』にて、ゲッコー・モリア率いるゲッコー海賊団とカイドウ率いる百獣海賊団の抗争が勃発。同時に刀神リューマの墓荒らし事件が起こっていた。しかし、そんな事件の最中でもおでんは踊り続けた。一部の者はきっと深い理由があって踊っているのだと理解してくれているようだ。

5年後

そしておでんがワノ国に帰還してから5年が過ぎた頃。船を受け取りや囚われの身のヒョウ五郎を返すという約束をオロチによって破られてしまう。おでんがバカ殿を演じてた理由の一つに、恩人のヒョウ五郎が人質に取られているというのがあったのだ。

さらにヒョウ五郎の妻や子分16名が反発して殺されてしまった。そんな状況で「ムハハハ」と笑いまくるオロチを目にしてついにおでんは我慢の限界を迎えた。

おでんは赤鞘九人男と共にカイドウを討ちに出向く!!

今後の展開

ロジャーの死を知り何故か泣きながら笑ってたおでん。これはオロチに笑えと命じられたからなのでしょうか。もしくは〝SMILE〟の実験体にされている…?

えらくあっさりとモリアの抗争が描かれていましたが、これ以上掘り下げることはないのでしょうか。個人的にモリアのことは前々から気になっていたので、もう少し詳細が知りたいところです。もしかしてここで軽く触れたのは、現在のワノ国に黒ひげと共に参戦するからでしょうか!?そして詳細は本人が語ると。期待が膨らみます。

恐らく後3話前後でおでんの過去編も終わりかと思います。残すはおでんの壮絶な死。どのようにおでんとトキが散っていったのか。悲劇であるのは分かっていますが、非常に楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)