【ワンピース・感想】963話「侍になる」家臣を揃えたおでん、ついに白ひげ海賊団と接触!!

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また...

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイトの記事は転載禁止です(動画含む)

今回は、ワノ国編 963話「侍になる」について、感想を書いていきます。

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイ...
スポンサーリンク

963話「侍になる」家臣を揃えたおでん、ついに白ひげ海賊団と接触!!

異形の2人、漂流前

時は遡り、イヌアラシとネコマムシが『ワノ国』に漂流する前。2人は『ゾウ』にてこんな話を聞いていた。「遥か昔、百年以上前のこと。ミンク族と光月一族の侍は、堅い契りを交わした〝兄弟〟だった。〝兄弟〟である以上、どちらかに何かが起これば駆けつけ共に戦う」と。

この話を聞いた2人は『ワノ国』に興味を持ち、2人で海に飛び出した。意気揚々と旅に出たものの『ワノ国』は中々見つからず、辿り着く前に荒波に飲まれて船は沈んでしまった。

気づけば2人は『九里ヶ浜』で棒に縛られ「バケモノは焼き殺そう」と悪い男たちに殴られつつかれと、やりたい放題やられていた。そして隣では河童の河松も同じ目に遭っていた。

おでんによる成敗

海で身の丈以上の魚を捕っていたおでんは浜での異変に気付いた。「何をしてるんだ?」浜の方に目を向けると、悪そうな男たちが異形のちびをいじめているのが目に入った。

これにおでんは大激怒。「恥を知れ貴様らァ!!異形を恐れるのは己の無知ゆえ!!あんなちびどもを虐めるなんて、なんてみっともないことをするんだァ!!!」男どもを叩きのめし虐めていた者たちに同じように言い聞かせた。

そしてそのまま3人を助けて連れていくことに。

仲間になった妖怪たち

場所を移り『九里城』街はすっかり整備され活気づいている。家臣たちに「なんでこんな妖怪たちを連れてきたんですか!?」と言われるも「いやついて来たんだよ…」と不貞腐れつつおでんをふるまう。おでんは〝ミンク族〟について父親のスキヤキに聞いていたようだ。

美味しそうにおでんを食べていた河松は「お前は何なんだ!!」とツッコまれ、これまでの経緯を話すことに。母と船に乗っていた河松は2人『ワノ国』に流されてしまったとのこと。助けを求めても〝魚人〟である2人は石を投げられ、母は怪我をして死んでしまった。死ぬ間際に「〝魚人〟は世界で差別される生き物だから〝河童〟を名乗りなさい」と言われ、これまでカッパとして残飯を食べながら生きながらえていた。

ひと通りおでんを食べて元気になった3匹。そんな3匹に「世界にはまだ見ぬ生物がいるんだな。お前らを見てまた海に出る日が楽しみになったぞ!じゃあ元気でな!」と告げるおでん。しかし「置けよここに!」「話聞いてたんかい!!」「行く当てなんかないぞ!!!」と3匹に体当たりされ、結局居座ることに。

金欠の理由

「どうも自分の周りには普通でない曲者が集まってくるな…また増えた…」と愚痴るおでんに「そういう体質なんですよきっと」となだめる傳ジローは「それはそうと、金欠なんですよ!」と報告する。「なんであんな奴に貸すんですか!」と怒る傳ジロー。どうやら金欠なのはオロチに大金を貸していることが原因のようだ。

「独立しても康さんの息のかかった男だから放っておけねェんだよ…」よいうのがおでんの言い分。どうやらオロチに利用されているようだ。

打開策

この金欠を解決するために家臣たちが決行したのが、康イエの家からの泥棒。忍者の雷ぞうを筆頭に皆で忍び込む家臣たち。しかしすぐにバレて捕まってしまう。そしてここから 943話「SMILE」のシーンに繋がる。康イエは「おでんは好きか?」と錦えもん達に問い、迷いなく「あたぼうだ!」と答えるのを聞いて、盗みに入った錦えもんたちに金を渡し、おでんのために立派な侍になるようにと説くのだった。

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また...

家臣の成長

康イエに言われた通り、身なりを整え、礼儀を学び、刀の修行や本読みも行い、家臣がゴロツキでおでんが恥をかかないようにと錦えもんたちは努力した。

そして3年後「九里から行列がやってきたぞ!!」と入り口を見る『華の都』の民衆たち。未だチンピラ呼ばわりされていたおでんは「あいつに物を盗まれてしまうぞ!」などと馬鹿にされていたが、民衆は一行を見て驚愕した。

「彼らは侍なのか!?チンピラどもがあんなに凛々しかったなんて!!」「見違えた…、まるで将軍様の行列を見ているかのようだ!!」民衆たちの興奮は止まらない。

スキヤキとの最後の日

久々に父親のスキヤキと会ったおでん。「立派に成長したな!皆驚いているぞ!」との言葉に「立派にしてもたっただけだ。おれは何も変わっちゃいねェ」と自信たっぷりに返した。

今回 おでんたちが『華の都』を訪れたの父スキヤキが病だと聞いたからだった。実際に会い元気そうであったため安心していたが、これが2人の最後の会話となってしまった。

白ひげとの邂逅

『伊達港』に漂着したとある船。船首にはクジラが象られている。「おい…おれたちは滝を登ったよなァ…なぜここに海と島があるんだ?」そう不思議がるのは白ひげこと「エドワード・ニューゲート」だった。この時マルコやジョズはまだ見習のようだ。

〝モビー・ディック号〟の修理に1週間かかるため、食料など生活に必要な物資を皆で探しに行くことに。しかしその時、信じがたい強さの何かが迫ってくることに白ひげは気づいた。「お前たち下がっていろ…何かが来る…!」と汗を垂らす白ひげ。

「あれか!海賊の船というのは!!よくぞ来た!!悪天候を超え、滝を超え、よくぞここまで!!俺はずっとお前たちを待っていた!!!」「こりゃまずい…」

おてんの二刀流と白ひげの薙刀がぶつかり合い、覇王色の衝撃が響き渡った!!

「ハハハ!」と嬉しそうに笑うおでん。「おれの名は光月おでん!!誰だか知らんが!お前の船に乗せてくれ!!!」

ここで更に歴史が動く…!

今後の展開

ついに邂逅した2人。ここからおでんは『ワノ国』を出ることになるのでしょう。白ひげと出向した後は、残された錦えもんたちを主軸にするのか、おでんたちの旅を主軸にするのか、今はまだ分かりませんが物語の核心に触れていくのであれば、白ひげたちとおでんの旅路を描くのではないかと思います。

遅くもなく、早くもなく、そんなペースでワノ国過去編は進んでいますが、これ年内に終わるのか怪しくなってきました。これまでの過去編最高話数は8話ですが、記録更新となるかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)