【ワンピース・感想】960話「光月おでん登場」おでんや傳ジローがついに登場!おでんは変人で錦えもんはダメ男だった!?

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また...

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイトの記事は転載禁止です(動画含む)

今回は、ワノ国編 960話「光月おでん登場」について、感想を書いていきます。

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイ...
スポンサーリンク

960話「光月おでん登場」おでんや傳ジローがついに登場!おでんは変人で錦えもんはダメ男だった!?

41年前のワノ国

最初に描かれるのは美しい昔のワノ国の姿。41年前のワノ国では、新緑が生い茂り、鮮やかな花やカエルや蝶など、そこら中に生き物の姿があった。川や海も荒れず穏やかで、人々も穏やかに暮らしていた。

錦えもん夫婦

若かりし頃の錦えもんとお鶴が登場。錦えもんはチンピラのような風貌でふんどし一丁。お鶴は今の浮世絵のような容姿ではなく普通に美人。当時は「鶴女」という名前だった。錦えもんが鶴女の財布からお金を抜き取ったようで、思いっ切りひねりあげられていた。

財布からお金を抜いたのは兄貴分を助けたかったからだったようだが、鶴女からするとそんなことは関係ない。「ギャンブルするからなくなるんだろう」と言われ、錦えもんは返す言葉もない様子。

ある日 錦えもんは、猪を捕まえていた者たちを襲い 財布と猪を奪っていた。錦えもんはワノ国では有名なチンピラで、ヒョウ五郎と鶴女から借りているお金を返すためにカツアゲのようなことを行っているようだ。

全盛期のヒョウ五郎

威厳の巨体のヒョウ五郎も登場。錦えもんが猪捕まえたと聞き「早く返さないなら、全身の皮を削いでやれ!!」と恐ろしいことを口にする。更に「サシでやるなよ。お前たちより強いからな!」と部下に念押し。

どうやらヒョウ五郎は錦えもんの実力を知っているようです。

おでんの経歴

光月スキヤキは家臣と共におでんのこれまでの人生を振り返っていた。

  • 0歳で乳母を投げ飛ばす
  • 2歳で2匹の兎を同時に捕まえる俊足
  • 4歳で大岩を投げて熊を撃退
  • 6歳で遊郭に入り浸る
  • 8歳で博徒たちと大喧嘩
  • 9歳で賭場出入り禁止
  • 10歳で荒れくれ者たちと戦い捕まる

年齢に不釣り合いな内容ばかり…、幼少期からこんなにぶっ飛んでいるキャラというのはワンピース内でも珍しいです。他にビッグマムくらいしか思いつきません。

光月おでんの武勇伝

おでんの人生振り返りはさらに続く。

  • 国中の女性を自分のものにしてしまった
  • 恋人や夫たちとの大乱闘(ハーレムの乱)

〝ハーレムの乱〟は、止めに入ったヒョウ五郎一家も巻き込んで、まるで国中で戦争が起きているかのような大きな出来事となってしまった。

そして現在おでんは18歳。今も順調に問題を起こし続けていると聞いたスキヤキは、ある紙を家臣に渡し「何も言わずにおでんへ渡せ」と命じた。その紙には〝絶縁〟と一言だけ書かれていた。

傳ジロー登場

錦えもんの連れである傳ジローが登場。ポニーテールのような髪型にゴーグルのようなサングラスを身に付けている。鍋屋に鍋を買いに来ているようで、落語の〝壺算〟のように頓智を使い安い金額で高い鍋を手に入れる。

ワノ国のとある火葬場

「もう!お侍さん!あの変な奴を何とかしてくださいよ!!」そんな声を聞いて侍が駆け付けてみるとそこには泣いている人たちが。「見てくださいよ!あいつが父の遺体を燃やす炎でおでんをじっくり煮ているんです!!」驚いた侍が目を向けると、確かにそこには 酒を飲みつつ熱々の〝おでん〟をパクパク食べる光月おでんがいた。

「何言ってるか分からないし、父から離れろ!死んだ者への侮辱だ!!」との罵声を浴びながら〝おでん〟を食べ切った光月おでん。「じゃあな!勝ぞう!次に飲むときはあの世で一緒に飲もう!!」と声を掛け、酒の入った瓢箪を遺骨の中に入れた。

そのまま「では、ごめんなすって ご親族の皆さまよ」と言い残して立ち去っていくおでん。後からやってきた侍が「説明なく事を荒立ててしまって申し訳ない!」と親族に謝っていた。

一見暴挙に見えるこの行動はおでんなりの別れの儀なのかもしれません。「じゃあな!勝ぞう!」「説明なく事を荒立ててしまって」と言っていることからも、おでんと勝ぞうは親しい仲だったのでしょう。親族からすると何やってくれてんだって話ですが…。

山の神

錦えもんが奪ってきた猪は〝山の神〟と呼ばれる特別な猪だった。ぬいぐるみのような見た目をしているが、数千頭の猪を率いてると言われている。どうやって数千頭の猪を捕まえればよいのかと錦えもんと傳ジローが悩んでいると、そこに光月おでんが現れた。

「面白いな…どこの誰だか知らねェけどよ…、その猪、おれに寄越せ!!」

今後の展開

お鶴の容姿が現在とかなり違っていましたが、これはオロチに見つからずに暮らせるようにと忍術やら妖術やらで変えているのでしょうか。それとも単に加齢なのか…?

959話「侍」で「あっ!まずいぞ!子供を隠せ!女房を隠せ!!」と言っていたのは〝ハーレムの乱〟が原因だったのかもしれません。となると、960話は959話最後の部分の更に過去で、そのうちあの場面に戻ってくるという事でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)