【ワンピース・感想】956話「ビッグニュース」レヴェリーにてサボ死亡!?王下七武海制度撤廃で追われるミホークたち!!!

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また...
Youtube

Youtube 始めました!

チャンネル:おしゃべりハイエナ
今は、9月6日発売の『モンスターハンターワールド:アイスボーン』へ向けて『モンスターハンター:ワールド』を実況動画として進めています。是非ご覧ください。
今後は、初心者向けグラブル動画やワンピース考察動画なども投稿していく予定です。

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイトの記事は転載禁止です(動画含む)

今回は、ワノ国編 956話「ビッグニュース」について、感想を書いていきます。

当サイトで扱う記事は、単行本・週刊連載・ONE PIECE VIVRE CARD の内容を含みます。ネタバレにはご注意ください。また、当サイ...
スポンサーリンク

956話「ビッグニュース」レヴェリーにてサボ死亡!?王下七武海制度撤廃で追われるミホークたち!!!

ガープとネプチューン

ガープはネプチューンやしらほしの護衛として『竜宮城』へと来ていた。ガープは、無事ネプチューンたちを送り届けることができ安心したようだが、何やら懸念がある様子。「世界会議はいつも大事件を呼ぶ」と意味深なセリフを吐く。

今回の〝世界会議〟でも花の国の王とある国の王が争っていたようだ。「国民のため、他国のために動くことができる王が何人いることか。あの円卓が泣いておるわ」とガープは珍しくまともなことを言っている。

アラバスタ絡みの事件

さらにガープは「血さえ流れんのならわしゃそれを平和と呼ぶが〝今回の〟はマズいな…。早くお前たちに伝えるべきじゃったが、ひとつ伝えていないことがある。世界会議が終わった後のことじゃ…」と話し始めた。ネプチューンたちは何の話か気になる様子。

「我々の出向直後、キツイ事件があった。海軍は今、事件の解決に最善を尽くしているとのこと。しかし頼む。どうか人間を恐れないでくれ。アラバスタ王国に関する事件なのだ」その言葉に「ビビちゃん様!?」と驚くしらほし。一体どんな事件が起きたのか…。

世界経済新聞社

少し時間をさかのぼり、場面は『世界経済新聞社』へ。社内では電話やFAXが鳴り響き、皆が仕事に励んでいた。社長のモルガンズは「死者が出たんだ!死亡記事は飛ぶように売れる!だが、議決結果も最高だ!殺人未遂もあるぞ!」と物騒なことを言っている。どうやら今回の〝世界会議〟で起きた事件はひとつではないようだ。

そんなモルガンズの下に現れたのは、海軍から転職してきた「炎のアタッチャン」〝政府からの速達〟を手にしている。中身はとんでもない額の小切手だった。おそらく政府からの情報操作依頼だとあたりを付けるモルガンズは「この小切手は世界政府につき返せ!」と指示。

そうはいかないと姿を現したのはCPだった。アタッチャンに変装していたようだ。モルガンズに銃を向け指示通り記事を書かせようとするCP。しかし、まさかの返り討ちにされてしまう。ボコボコにされるCP。モルガンズは見た目のわりにかなり戦闘力が高いようだ。

政府の役人に手を挙げる社長を見て「ビッグニュースだ!」と写真を撮りまくる社員たち。「新聞王モルガンズをナメんなよ!!おれは守銭奴だが、その前にジャーナリストだ!何を載せるかは俺が決める!!!」とモルガンズは言い放ち「本社を移転するぞ!」と鳥たちのチカラを借りて会社ごと飛んで行った。

そんなドタバタな〝世界経済新聞社〟の下に1本の電話が。「社長!ワポル王から電話です!なんでも我々に重要な情報を伝えたいだとか」「ナニー!?」

1つ目のビッグニュース

そして現在。世界中の人が新聞を読み、政府がもみ消そうとした事件は世れ渡った。涙を流す者、困惑する者、頭を抱える者、反応は様々だが、どこも暗い雰囲気が漂っていた。

さらに『カマバッカ王国』では幹部やドラゴンが新聞を読み困惑していた。ゴア王国のステリー王もマキノもダダンたちも驚きや悲しみを隠せない様子。

その内容は、革命軍参謀総長サボに関するもの。

このニュースを見た黒ひげは「野郎ども!船を出すぞ!海軍に取られるくらいならおれが貰っちまう!」と宣言。恐らくサボの〝メラメラの実〟を狙っているのだろう。

コビーとドレーク

とある海にてコビーは誰かと通信中。合言葉を互いに確認し『レヴェリー』と『ワノ国』の情報を共有している。通信相手は「X・ドレーク」なんと彼は海軍を辞めてはいなかった。ドレークの肩書は「海軍本部 機密特殊部隊 SWORD 隊長」どうやらコビーの上司のようだ。

ドレークは、カイドウとビッグマムが手を組んだ事とCP0が何故かワノ国にいたことをコビーに伝えた。コビーは現在『女ヶ島』に向かっているとのこと。その理由は、海賊女帝 ボア・ハンコックを捕まえるためだった。

2つ目のビッグニュース

サボ関連のニュースと共に報じられたのが 王下七武海制度の撤廃 だった。このニュースには喜んでいる者が多い様子。これは七武海から被害を受けた『アラバスタ』と『ドレスローザ』から提案されたようだ。

これにより「千両道化・バギー」「鷹の目・ジュラキュール・ミホーク」「自称白ひげJr・エドワード・ウィーブル」「海賊女帝・ボア・ハンコック」が海軍から包囲されてしまう。しかし、さすがの元王下七武海「慌てるな、忘れているようじゃな…。わらわ達が王下七武海になったのは強さゆえじゃということを」とハンコックは余裕の表情。残りのメンバーも海軍を返り討ちにしそうな勢いである。

今後の展開

ワノ国編 第二幕が終わり、いったん話が世界に向けられたわけですが、やはりこちらも面白い!サボのニュースに元七武海の抵抗など今後の展開が気になります。

黒ひげもいよいよ動き出しましたが、メラメラの実を狙っているかのような発言が少し気になりました。海軍は死者から能力を取り出す方法を知っている…?海軍よりはるか上の存在、天竜人より更に上、イム様がいる以上、海軍内に手先がいるのかもしれません。

このままもう少し『レヴェリー編』の延長戦が続くのか、第三幕が始まるのか、もしくは マルコやジンベエなど他にワノ国に来そうなメンバーの描写があるのか、非常に楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)